「百伝」実現のための道のり

最近、営業が終わるとよく考えることがあります。

それは、

❝ 僕はちゃんと「百伝」ができているのか ❞ ということです。


15年くらい前です。

❝ 本格焼酎専門の飲み屋をやりたい ❞ と考え始めました。

今の僕からしてみたら、お店への想いはあっても飲食店としてのコンセプトなどがきちんとしておらず、

あのときはまるでただ夢を追いかける少年のようだったなと思い、恥ずかしくさえ思います。

ですが、当時と今と全く変わらない想いがあります。


それこそが「百伝」です。

ただ一杯の焼酎を提供するのではなく、そこに造り手さんの想いを乗せて提供する店にしたい。

❝ 百人の方に本格焼酎の造り手さんの想いを伝えたい ❞


ということです。いろんな点で成長をし、変化を遂げて今に至りますが、

この気持ちだけは、若過ぎたあのときから何ら変わることのない僕の信念です。


飲食店こそ、これが実現できる場所だと考えていますが、

やはり、接客というものが優先される現場では、僕の想いは一先ず飲み込むしかありません。

お客さんが求めることが優先です。

では、お客様は何を求めているのか。

それは、

❝ この焼酎がどんな味なのか。何の料理に合うのか ❞ ということです。

当然の疑問ですし、ここが僕の大きなウエイトを占める仕事となるため、絶対に手を抜けないところであります。


今は ❝ お客様が求めるもの ❞ に対ししっかりと寄り添い、信頼を得ることに注力する。

これこそが「百伝」実現のための道だと思ってます。


でも、やはりこの場では言いたい…。

本格焼酎には ❝ 香りや味じゃない何か ❞ が確実に存在しているということを。

「今月のおすすめ焼酎」である八千代伝酒造さん。

この蔵元さんには唯一無二の熱があります。

八千代伝(芋焼酎)が30年振りに出来上がり、その初出荷の日、造り手さん達は何を想ったのか。

そして八千代伝酒造さんは今何を想い、どんなことに挑戦しているのか。

10月の後半で1人でもいい。

八千代伝酒造さんのファンを築き上げられたら…と思っています。

近況報告

オープンして1ヵ月半が経ちました。

少しずつですが常連さんと呼べる方々ができてきましたが、

やはりまだ静かな時間が多いですね。

でも焦らず、本来自分が表現したいお店をこなしていきます。

この間で顕著に感じたことは、

僕より年齢的に若い方、20代の方がとてもしっかりしており、

飲み方もとても綺麗だということです。

本格焼酎の説明もちゃんと聞いてくださり、またそれを吸収しようとする姿勢すら見て取れます。

若い方にどうすれば本格焼酎を飲んで頂けるかを考えてドリンクメニューを作りましたが、

これに関しては嬉しい誤算となっています。

また、料理に関してはまずまずの評価を頂けていると思います。

9月からは「本日のおすすめ」という形でメニュー外の料理も始めました。

リピートしてご来店される方がいつ来られても新鮮な気持ちでお店を楽しんで頂くことが本日のおすすめの目的です。

ここが大変ですね。でも頑張ります!

このホームページでも紹介していくようにします。

まだまだ始まったばかりです。

ひとりでお店を運営することは決して楽ではありませんが、

やったことがダイレクトに返ってくるという点ではとてもやりがいがあります。

引き続き、

商品に妥協せず、

営業中は楽しく!

この精神で頑張っていきます👍

なるべく時間作って更新していきますのでまた読んでくださね😊

百伝【本格焼酎酒場】

オープンして1週間が経ちました。

かつてのお客様にたくさんのお祝いのお花を頂き、

また、遠方にもかかわらずお祝いにお越し頂き、

幸せな1週間を過ごすことができました。


その中で、少しずつですが、

街の方々もお越しになられました。

本格焼酎が好きな方、

お酒は好きだけど本格焼酎はあまりよくわからないという方、

様々でしたが、皆様、この店を知ろうとされており、

僕の話にもしっかりと耳を傾けてくださいました。

また、とても楽しそうに飲まれる方が多く、

飲み屋の楽しみ方をちゃんとわかってらっしゃる方々なんだなと思いました。


もっとこの街のことが知りたい。

そしてまず僕の方からこの街を好きになっていきたい。

そんな風に考えています。




お祝い、激励、いろんな有難いお言葉を頂いたこの1週間で、

「武蔵関にこういう店ができたことが嬉しい」

というお言葉が今の僕にとっては涙が出るほど嬉しかったです。

まだ1週間ですが、

この街で「百伝」を再び始めたことはこのお言葉を頂いたとき、

正しい選択だったと思いました。


本格焼酎の素晴らしさをもっと多くの方にお伝えできるよう、

そして、

この街のお客様の心が少しでも豊かになるようなサービスをお届けできるよう、

商品に妥協せず、

でも営業中は楽しく、

頑張っていきます!!!